クラウド化ソリューション
課題川柳課題川柳

高いけど 世間の相場が わからない

運用経費(サーバ等のハードウェアの維持・調達/システム管理者の人件費/アウトソーシング費用、等)が高い。

予期しない 事業で業務が 足止めに

事故や災害時の事業・業務継続が困難。

拠点間 情報連携 不調なり

本社と国内外の拠点間のシームレスな情報連携ができていない。

セキュリティ 新手の攻撃 耐えきるか

セキュリティに不安がある。

調達と 復旧までに 月またぐ

サービスのリードタイム、デッドタイムを短縮したい。

できることできること
#

オンプレミスやハウジングサーバの基幹系システムをクラウドに移管。

#

必要な機能を必要な分だけ利用することができます。

#

リソースが足りないときは、すぐに追加することができます。

#

セキュリティは強固に。

システム概要図システム概要図
システム概要図
クラウドとは?

一例として、Amazon社が提供するAWSやGoogle社のGCPなどのクラウドコンピューティングサービスです。
サーバー、ストレージ、データベース、および様々なアプリケーションサービスをクラウド上に時間単位の従量課金で提供しています。

クラウドのメリット

IaaS/PaaSに最適な環境構築が容易
多くの第三者認証をクリアした安全性
初期投資を抑え、システムの利用状況に合わせて容易に拡張が可能
場所を選ばない環境が利用できるため、拠点間での情報連携もスムーズに

導入事例とメリット導入事例とメリット

端末から各種アプリケーションまで用途・ご要望に応じた組み合わせが可能です。

  1. 一サーバの購入・設定など初期投資が不要になるため、低価格でスタートでき、時間も大幅に削減できるためビジネスチャンスを逃しません。
  2. ニ予測される最大値に合わせたサイジングから開放され、必要なリソース分から始められます。必要なときに必要な分を追加・削減できるので、固定費が低価な流動費に変換できます。
  3. 三万が一の事故や災害が起きても、クラウド上にデータを保管するため業務の継続が可能です。
  4. 四高いセキュリティを保ちつつ、アクセシビリティの高いクラウド環境を提供します。
  5. 五コスト削減により、余剰費用は別事業へ投資でき、人的リソースは他のプロジェクトに効率的な配置ができ、さらなる事業推進が期待できます。

クラウドを利用することで、プロジェクト期間とコストを短縮

  1. 一各種ツールによる設計の短縮
  2. ニオンプレミスサーバのような機器の選定や調達、設計、構築にかかる期間を大幅に短縮
  3. 三サイジングの変更が即時にできる
  4. 四各種ツールをいつでも最新の状態で導入できる
  5. 五イニシャルコストだけでなく、ランニングコスト(ハード/ソフト)の大幅な削減が可能
導入スケジュール導入スケジュール
既存システムの移行スケジュール 新システムの構築スケジュール
コストの削減ランニングコストの削減例
コスト削減
価格価格

導入費:ご相談ください

ランニングコスト:月額3万円~

※導入規模、仕様等により異なるため、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ